2005年02月02日

東野圭吾−分身

私は通勤時に本を読んでいます。 今朝読み終えたのが東野圭吾さんの「分身」です。

感想は普通。普通ってなんや?と思うでしょうけど、いたって普通。普通のミステリー。 後に引くものもないけど、スラスラと飽きずに読める本でした。えー、彼の本も宮部みゆきさん同様に気持ちが流れされる事がないのでネガティブな時にでも読める本です。

これは「クローン」を題材としたものです。とても勉強して書かれたんだなぁと思いました。
二人の女の子が出てくるんですけど、お互いのキャラを強調しようと言葉使いとかが全然違うんですよ。でも、ちょっとそれが私としてはいただけなかったかも。。。一方は大学教授の父を持ち、上品な感じの女の子。一方は母親と二人で暮らし、バンドをしてる少し口の悪い女の子・・・。うーん、差をつけようとするのは分かるんですけど、なんだかなぁー。「下妻物語」じゃないけど、ヤンキーとロリータの方が分かりやすいかもね(笑)!
話の内容も「えぇそうだったの!」というどんでん返しがなく、「もしかしたら・・・。」というそのまま予測できる展開なので少し退屈だったかもしれません。

前に同じ東野さんの作品で「鳥人計画」という本を読みましたが、そっちの方が私としてはお勧めかな?男の人は男の人の表現の方がリアルになるように思います。

何にでも言えるのでしょうけど、その人の常識っていうが根本にあって本って書かれてると思うので、作者が少し見えてきたりしますよね。心理描写にしてもそうでしょうし。きっと東野さんって真面目な方なんだろうなぁって思いました。


分身 鳥人計画 下妻物語
分身 鳥人計画 下妻物語
posted by ケリイ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(3) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

分身 東野圭吾著
Excerpt: 私の評価 ◎ 2005.11読書 「面白かった」が一番の感想。一気に読んでしまっ
Weblog: 日々のつぶやき 一緒に人生楽しもうぜ
Tracked: 2005-12-06 21:40

「分身」東野圭吾著、読んでみました。
Excerpt: 「分身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」20作目です。外観が「そっくり(同一)」な函館出身の女子大生「氏家鞠子」と、東和大学文学部に在籍している「小林双葉」との秘密に纏わるストーリー。それ..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2007-06-19 07:17

東野圭吾『分身』
Excerpt: 分身集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『分身』を紹介します。本書は、最初から最後まで結構楽しめる作品です。いつ氏家鞠子と小林双葉に出会うかということをポイントに読んでいけば楽しめるので..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-05-27 18:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。